2009年12月31日

【結果】第55回東京大賞典(JpnI)

大井10R
第55回東京大賞典(JpnI)

1着 14.サクセスブロッケン・JRA(2人気)
2着 13.ヴァーミリアン・JRA(1人気)
3着 03.ロールオブザダイス・JRA(7人気)
4着 02.セレン・船橋(5人気)
5着 04.ゴールデンチケット・JRA(3人気)


ラップタイム
12.4-11.6-13.0-14.1-13.2-12.1-12.5-12.7-11.8-12.5

通過順
1角 10,14,3,13,9,4,11,7,1,12,2,5,6,8
2角 10,14,3,13,9,4,11,7,1,12,2,5,6,8
3角 10,4,13,1,3,14,9,11,2,5,7,12,6,8
4角 10,4,13,3,14,1,9,(2,11),5,6,7,12,8




フリオーソが絶好のスタートでハナ。
サクセスブロッケン、ロールオブザダイス、
ヴァーミリアンらが先行グループ。

向正面入って
ゴールデンチケットが一旦先頭に立つなど、
慌しい動きをみせつつ、

最後の直線に入ってからは
先行グループの追い比べ。



勝ったのはサクセスブロッケン
ウチパクが手の内に入れている感じ。
最後の直線ではヴァーミリアンとの
歴史に残るデットヒートを演じた。


2着ヴァーミリアン
やはり大井ならこの馬の力は一味違う。
最後の直線で先頭に立ったときは
「勝った」と思ったのだが・・・


3着ロールオブザダイス
スタートですんなりと3番手につけたのがよかった。
うまく先行できれば粘りこむ馬だ。


4着セレン
船橋所属。
後方からの競馬だったが、
さすが、調子の良さでここまで来た。
展開が向かなかった。


5着ゴールデンチケット
中団からの競馬。
向正面では馬なりで一旦先頭へ。
その後、2番手に下げて最後の直線。
あれは作戦だったのか?暴走だったのか?








予想したとはいえ、
仕事の昼休み中の5分ほどで買い目を決めたのだけど・・・

レース映像はたった今
見たのだけど、
結果が分かってても
興奮する素晴らしいレースでしたな。




↓追記↓(2010/01/01 01:05)



予想の結果は・・・


三連単
14→13→3  11,310円的中〜


今年の7本目の万馬券的中でした

posted by すだち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もうゴメ>2009秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

【予想】大井・第55回東京大賞典(JpnI)

今年最後の予想です。



大井10R
第55回東京大賞典(JpnI)




得意コースで09.ボンネビルレコード


前走案外も13.ヴァーミリアン


ウチパクの庭14.サクセスブロッケン


この3頭軸で・・・





三連単
一着:09.13.14
二着:03.04.09.10.13.14
三着:03.04.09.10.13.14
(60点)
posted by すだち at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | もうゴメ>2009秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

【結果】第54回有馬記念(GI)


中山10R
第54回有馬記念(GI)

1着 09.ドリームジャーニー(2人気)
2着 02.ブエナビスタ(1人気)
3着 06.エアシェイディ(11人気)
4着 16.フォゲッタブル(4人気)
5着 04.マイネルキッツ(12人気)


ラップタイム
6.8-11.0-11.2-11.3-11.9-12.3-12.6-
12.3-12.5-12.1-12.0-11.7-12.3



通過順
1角 8=3,12,13,1(11,2,10,15)(4,5,7)(14,16)9-6
2角 8-(3,12)-13,1(2,10)(11,15)(4,5,7)(14,16)9-6
3角(2周目) (*8,3,13)(2,7)(1,11,4)15(5,12,14,16)9-6
4角(2周目) (13,*7)(3,2)(14,4,16)(8,11,9)1(5,6)15=12


スタートで予想どおりリーチザクラウンがハナへ。
ミヤビランベリとテイエムプリキュアは少し離れての追走へ。
リーチのペースになるのかぁぁ〜
と思ったが、ラップタイムを見ても、
どうやらペースを落としきれていなかったようだ。

展開予想で書いた二つの見所。

一つ目の「先行激化」は
見た目それほどでもなかったものの、
ペースを落とせなかった分、激化したのと同じ状態に。

二つ目の「マツリダゴッホの三角始動」
これも予想どおり。
この馬はこの形のレースをするしかないからだ。
これで各馬が一気に始動して、
展開予想が完璧ビンゴーな結果に(#^.^#)







勝ったのはドリームジャーニー
スタートではワンテンポ遅れての発送。
あれは作戦だったのか、それとも出負けだったのか。
どちらにしても、すんなりこの馬にとっての
ベストポジションを確保。
グーっと我慢して、4角手前で始動開始。
直線は外に持ち出して、
先頭のブエナビスタをきっちりと捉えた。
池添号泣の春秋グランプリ制覇だ。


2着にブエナビスタ
たぶんいつもよりかは前に行くんだろうなー
という読みどおりの作戦。
先行グループ5番手あたりから。
マツリダゴッホが三角で動き出してから、
後についていく形で始動開始。
4角でマツリダを捉えて一旦は先頭へ。
最後は勝ち馬に完全に差されてしまったが、
差し馬に有利な展開な中で、
ここまでの競馬をしたことが収穫。
今日もまた負けて強しの内容。
これで競馬の幅も広がったわけだし、
来年はこの馬を中心に動きそう。


3着エアシェイディ
最後方からの競馬。
直線にすべてを賭けた形。
堅実馬だけに、
しっかりと着を取ってる。
さすが歴戦にもまれて来た8歳馬だ。


4着フォゲッタブル
後方3番手からの競馬。
3角すぎてから始動して食い込んできた。
大外枠が脚を使った分、
踏ん張りきれなかったか・・・


5着マイネルキッツ
中団から。
この馬の能力は出し切れてる感じ。








イコピコは中団から。
内ラチ沿いにいい感じだったが、
三角の仕掛けどころの反応がイマイチで
そのまま置かれてしまった。
どうしたのだろうか・・・8着









すだちの夢馬券は先にお伝えしたとおりですが・・・



第54回有馬記念で三連単万馬券ゲット

三連単
9→2→6 18,890円的中〜



02.ブエナビスタの1着は無いから2〜3着付け
06.エアシェイディはコッソリ3着はあり

・・・という絶妙な三連単の買い方でゲットしてます。









さて・・・

一番期待していたスリーロールスだったが、
向正面で競走中止。

未確認情報では「左前浅屈腱不全断裂」とのことなので、
競走馬としての復帰は難しそうだ。
現役最強馬になる素質のある馬と思っていただけに
痛恨の思いである。
ダンスインザダークの後継ってこともあるので、
種牡馬としての道もあると思う。

浜中騎手がそうとうにショックを受けているとのことで、
そちらのほうも心配されるところだが・・・・




レース自体は見所が満載のいいレースだったが、
スリーロールスの怪我は残念でしかたない。







posted by すだち at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | もうゴメ>2009秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【予想】第54回有馬記念(GI)


さて、今年1年間、
馬語録BLOGで予想を公開してましたが、
例年にくらべて的中数は伸び悩んでいたものの、
大型配当がいくつかありまして、
大幅黒字を計上・・・・

すでに今年勝ち逃げ確定のすだちが送る、
今年の総決算・・・渾身の予想だ。





中山10R
第54回有馬記念(GI)

今年のダービー馬も、
今年のJC馬も、
今年の天皇賞(秋)馬も、
ここにはいない。
4歳馬も不在・・・異例づくめのグランプリ。

激戦必至の有馬記念を当てるためには、
出走16頭すべての動きを読み解け。



展開予想。



出足の速さでリーチザクラウンがすんなりとハナへ。
テイエムプリキュアが絡んでいくか?あるいは2番手追走か?
内からミヤビランベリも。

マツリダゴッホは去年の反省から、
早めに先団の後ろにつけたい。

スリーロールスもマツリダの前後。

コスモバルクも出来ればこの辺りにいたいが、
果たしてついていけるかどうか?

ネヴァブションは中団から。

イコピコは中団の後方でタメる。
アンライバルドは内ラチ沿いにスッと下げる。

ブエナビスタの位置取りが一つのポイントだが、
いままでのレースから考えれば、
ここは中団あたりには行きたいか・・


脚をタメたいマイネルキッツ、エアシェイディ、
シャドウゲイト、ドリームジャーニーらは後方から。


前の攻防は比較的速くなりそうで、
馬群は縦長に。
ならば、外枠のフォゲッタブルもすんなりと内側入れそう。
セイウンワンダーもあわせて内に入る。



これで全馬の動きを網羅したかな?(#^.^#)





さて、最初の見所は、前半戦の先団の攻防だ。

リーチザクラウンは単騎で飛ばす形にしたい。
これは馬の気性によるもので、
あまり回りに馬がいると暴走モードに入る可能性がある。
だから、まず引き離してからペースを落としたい。

テイエムプリキュアの出方が鍵になるか?
無理にハナを奪おうとはしないまでも、
リーチをピッタリマークする2番手になると、
リーチはペースを落としにくい。

さらに内側からミヤビランベリも。

この前の攻防が落ち着くか激化するかで、
このレースは大きく変わることになるが・・・


すだち的には若干の激化はありかと。




次に
二番目の見所。これは2周目に入っての3角。

好位につけたマツリダゴッホは
ここからロングスパートする公算が高い。

また、直線が短いだけに
ブエナビスタも早仕掛けの可能性がある。
そうなると好位グループは一気に始動開始。

その動きに合わせて、
先団のペースはグッと上がる。




すだち的には
先団グループは前半戦での攻防のために、
ここで消耗戦に入り、テイエムプリキュアなど脱落していくものと。
さすがのリーチも最後の直線で果たして脚が残っているかどうか・・




このレースは先団の消耗戦に加わらずに
直線まで脚をタメている馬に有利とみる。

しっかりとタメて爆発するタイプに◎をつけたい。







11.イコピコ

タメて爆発する形に持ち込めば、
神戸新聞杯でリーチザクラウンを撃破した再現だ。
前走・鳴尾記念は4着敗戦もレベルの高いレースだった。
今年のリーディングジョッキーになりそうなウチパクが
有馬制覇で祝杯だ。



09.ドリームジャーニー

こちらもタメて爆発するタイプ。
成績を見ると、右回り小回りの競馬場を得意としているよう。
斤量57キロで一気の突きぬけもあり。



10.スリーロールス

レベルの高かった菊花賞の勝ち馬。
あのレースっぷりから、
現役最強馬に登り詰める可能性を多いに感じている。
自在性があって、好位でタメる競馬もできそう。




この3頭軸で。
あとは・・・




01.アンライバルド

順風満帆に皐月賞まで制したものの、
その後は別の馬になったかのような・・・
一つの可能性として、もしかしたら、
マツリダゴッホのような中山専用タイプではないかと。
デムーロが何かを引き出してくれる期待を込めて。



02.ブエナビスタ

秋になって勝ちあぐねているが、
どのレースも負けて強しの内容。
ライバル・レッドディザイアのJC好走から、
53キロで古馬撃破も可能とみるが・・・
この秋からの運の無さが、
乗り替わりで変わるかどうか。








06.エアシェイディ

8歳馬とはいえ、とにかく現実。
勝つイメージはなくとも、
こっそり3着くらいはありそう。




07.マツリダゴッホ

中山だけでは異常なほどの強さを見せる。
去年のような最悪の位置取りさえしなければ
上位は必至とみるが、
展開的には厳しい気がする。











三連単
1着:09,10,11
2着:01,02,09,10,11
3着:01,02,06,07,09,10,11
(60点)


馬連
01,02,09,10,11
(ボックス10点)



posted by すだち at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | もうゴメ>2009秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

【予想】朝日杯FS/阪神C


昨日は忘年会で、
午前様でしたすだちです。

もう時間が無くなってしまったので、
すまぬが買い目のみの公表とします
m(_ _)m






中山11R
第61回朝日杯フューチュリティS(JpnI)


三連単
1着:02,08
2着:02,08,12,15
3着:04,08,12,15
(16点)





阪神11R
第4回阪神カップ(GII)


三連単
1着:11,12
2着:02,03,11,12
3着:01,02,03,11,12,18
(24点)


三連複
01,02,03,11,12,18
(20点)
posted by すだち at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | もうゴメ>2009秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

阪神JF

image/2009-12-13T12:21:272
3連複馬券
posted by すだち at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | もうゴメ>2009秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪神JF

image/2009-12-13T12:21:271
3連単馬券
posted by すだち at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | もうゴメ>2009秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

【結果】第10回ジャパンカップダート(GI)

阪神11R
第10回ジャパンカップダート(GI)

1着 01.エスポワールシチー(1人気)
2着 12.シルクメビウス(5人気)
3着 09.ゴールデンチケット(12人気)
4着 01.サクセスブロッケン(4人気)
5着 03アドマイヤスバル(13人気)


ラップタイム
12.5-11.1-12.7-12.5-11.9-12.1-12.4-11.8-12.9


通過順
一角 (*1,7)(2,14)(3,16)4,5,8,9(10,13)-(11,12)(6,15)
二角 1,7,2(3,14)16(8,4)5(9,13)10,12,11,6,15
三角 1,5(2,7,14,16)3(8,4,13)(10,9,12)-(11,6)-15
四角 1(2,5)(14,16)(7,13)(8,3,4)(12,6)(10,9)11,15



スタートで先団は一旦ごちゃつくが、
エスポワールシチーがハナを奪うとすんなりと・・



勝ったのはエスポワールシチー
逃げると思われたティズウェイが2番手に控えてくれたので、
うまくペースを落とすべきところで落とし、
上げるべきところで上げる見事な逃げワザを見せてくれた。
哲っちゃんだからこそできる渋い逃げ作戦だった。
翻弄された各馬はどうすることもできず、
終わってみれば3馬身半差の完勝。
ダートの新王者誕生だ。


2着シルクメビウス
比較的後方にいたのだが、
よく伸びてきた。


3着ゴールデンチケット
こちらも後方から。
後方の馬のほうが
エスポワールシチーのトリッキーな逃げペースに
惑わされなかったということなのだろうか?


4着サクセスブロッケン

3番手からの競馬。
前半はかなり馬が行きたがっていたようで、
ウチパクも苦労していた感じ。
直線に入ったときに一瞬勝てるかと思うくらいの勢いがあったが、
ゴールまで持ちこたえ切れなかった・・・





ヴァーミリアンは中団からだったが、
とくに見せ場もなく、
仕掛けどころでは完全に置かれてしまった。
いままでとは全くの別馬を見ているようだった(8着)
posted by すだち at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | もうゴメ>2009秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

【予想】第10回ジャパンカップダート(GI)


阪神11R
第10回ジャパンカップダート(GI)


ジャパンカップダートが創設されて10年。
去年から東京から阪神に変わっているので、
過去のレースとは大きく様変わりしていることを
頭に置きつつ・・・・

アメリカの超大物サマーバードの骨折回避で、
日本馬による頂上決戦になりそうだ。


展開予想


アメリカのティズウェイが逃げ宣言。
マコトスパルビエロ、サクセスブロッケン、
エスポワールシチーと前に行きたい口が揃った。
ハナ争いは激化しないとみるが、
若干湿り気の残る馬場で、
かなり速いペースでラップを刻むことになりそう。

その後ろからスーニやワンダーアキュート。

ヴァーミリアンは中団から虎視眈々と。


ハイペース必至で、
最後は決め手の勝負になるはずだ。









04.ヴァーミリアン

ピークを過ぎたと言う意見もチラホラと。
しかし、すだちに言わせれば、
何を見たらそういう意見になるのかが分からない。
前走・JBCクラシックでは僅差の勝利に見えるが、
あの名古屋コースは内の砂が深くて、
あそこを通って差し切ること自体が困難なコース。
あれは僅差ではなくて圧勝に近いレベル。
あの芸当を見せられては軸にせざるを得ないと思うのだが・・・
昨年のJCDでは外国馬に弾かれる不利がありながらも
接戦に持ち込んでいるし、
フェブラリーS(6着)は、そもそもが純粋なダート馬には
致命的な欠陥コースである芝スタート。こんなものは度外視だ。



11.ラブェリータ

今年は強い3歳牝馬勢だが、
ダート部門ではこの馬の能力がピカイチ。
前走・武蔵野Sは、出遅れて大外ぶん回しの5着。
もともとスタートが下手な馬ではなくて、
東京の欠陥コース(スタートが芝)が原因。
ダッシュ力のある馬なので、
前走のような出負けはまずないと見る。



2頭軸で。
あとは・・・



10.ボンネビルレコード

的場文が戻ってきて
イン差しを披露してくれるか?


12.シルクメビウス

ハイペースで浮上の余地はありそう。
勢いもある。


06.メイショウトウコン

後ろでじっくりとタメる。
昨年のJCD再現となるか。


14.ワンダースピード

外枠なのが辛いが、
すんなりと先行勢の後ろくらいつければ。


01.エスポワールシチー

最内枠でハナへ行こうとすると
展開的に厳しい気はするが、
自在性のある馬なので・・・






いちおうここまでだが、
08.ダイショウジェットが少し気になってみたり。










三連単
1着:04,11
2着:01,04,06,10,11,12,14
3着:01,04,06,10,11,12,14
(60点)




こっそりと
三連単04.08.11のボックスも買ってみようかな・・
posted by すだち at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | もうゴメ>2009秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

【結果】第29回ジャパンカップ(GI)

東京10R
第29回ジャパンカップ(GI)

1着 05.ウオッカ(1人気)
2着 10.オウケンブルースリ(2人気)
3着 06.レッドディザイア(6人気)
4着 16.コンデュイット(3人気)
5着 03.エアシェイディ(11人気)


ラップタイム
12.7-10.5-12.0-12.0-11.8-12.2-12.1-12.0-12.0-11.4-11.4-12.3


通過順
一角 (*1,9)-4,5(2,12,13)14(6,7,18)11(3,16,15)(10,17)8
二角 9-1-(4,5)(2,13)(12,14)18(6,7,11)(3,16,15)10(8,17)
三角 9(1,4)(5,13)(2,12,14,18)11(6,7,16)15(3,10,17)8
四角 (*9,4)(1,13)(5,18)(12,14)(2,16)(6,11)(3,7,15,17)(8,10)



ウオッカが絶好のスタート。
前も開けていたので、暴走モードに
入ってしまうかとヒヤヒヤしたが、
すっとさげて4番手へ。

エインデピュティが前へ行こうとするが、
内からアサクサキングス、
外からリーチザクラウンが・・・

この前の争いで、
このレースは本当に強い馬が勝つレースとなった。




勝ったのはウオッカ。
すっと4番手に下げる。
前には馬がいないので、
いつでも暴走モードに入ってしまいそうだったが、
ルメール騎手はうまく、
手綱を締めたり緩めたりを繰り返しながら、
馬の行く気をなだめている。このワザは、
さすがに世界レベルの技術。
最後の直線はパッと開けたところをついて、
一気に飛び出した。
オウケンブルースリの猛追を2センチ凌いでの
貫禄勝ち・・・泣けた。
勝ち時計2分22秒4は世界レベルの証だ。


2着オウケンブルースり
後方からの競馬。
力勝負になれば必ず浮上すると思っていたが、
外から凄い伸びできた。
豪腕ウチパクとこの馬はピッタリと
相性が合ってる感じ。
春の天皇賞が楽しみ。


3着レッドディザイア
中団からの競馬。
この力勝負の競馬で、
ここまで来るのだから、
今年の3歳牝馬のレベルの高さが伺える。


4着コンデュイット
中団やや後方から。
ローテーション的にきついと思っていたが、
それでもこの成績なのだから恐れ入る。
本調子なら勝ち負けまであったも。






レッドディザイアを三連単の3着に付ける予定だったが、
それでも点数が多くなりすぎるってことで、
最後に外してしまったために不的中に・・・
とことん運が無くなってきているすだちさんなのだった
(T_T) ウルウル
posted by すだち at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もうゴメ>2009秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。