2006年11月12日

【結果】第31回エリザベス女王杯(GI)

勝負の世界とは、時としてあまりにも非情だったり





京都11R
第31回エリザベス女王杯(GI)


1着 15.フサイチパンドラ(7番人気)
2着 08.スイープトウショウ(2番人気)
3着 11.ディアデラノビア(4番人気)
4着 01.アサヒライジング(5番人気)
5着 03.アドマイヤキッス(3番人気)



ラップタイム
12.5-10.6-11.7-11.3-11.3-12.2-12.5-12.8-13.0-11.5-12.0


通過順
2角 6-9=1.10(3.12)-11.15.5.16(2.8)(4.7.13)
向正 6=9=1.3.10.12=11.15(5.16)2.8(4.7.13)
3角 6=9=(3.1)-(12.10)-15(11.16)2(5.7.8)(4.13)
4角 6=(3.1)(12.10.15)(9.11.2.16)8(5.7)13.4



その衝撃の一部始終を・・・


スタートはキレイに揃った。
ライラプス・鮫島騎手が果敢に前を窺うも、
結局は逃げ宣言のシェルズレイがハナ。

少し離れてライラプスは2番手。
ここから大きく離れてアサヒライジングが3番手。
そして後方集団と続く。

予想通りの縦長の展開。

フサイチパンドラは後方集団の中団。
その後ろにカワカミプリンセス。
カワカミの外目後方から
ピッタリとマークするスイープトウショウ。

1000のラップが57.4秒。
シェルズレイはペースを落としきれず。
後続勢に有利な展開となる。

3〜4角で一気に後方集団が動き出す。
フサイチパンドラの動きに合わせて、
カワカミプリンセスも一緒に上がっていく。

それでもジッと動かないスイープトウショウ。
最後の直線に賭ける。


最後の直線、
馬群を割ってカワカミプリンセスが抜け出す。
外からはフサイチパンドラ、
そして大外からはスイープトウショウも飛んでくるが・・


カワカミプリンセスが
後続に約2馬身ほどの差をつけて1位入線。
フサイチパンドラ、スイープトウショウ、ディアデラノビア
と続いた。












この時点ですだち予想は馬連、三連単ともに的中。
馬連で24倍見当。三連単で160倍見当。

レースは審議となっていたが、

馬語録用の【的中速報】原稿を書き上げて、
確定しだいアップする手はずを整えていた。



しかし、審議は長く続く。



TVはずっと検量室の様子が映し出されていた。
そして・・・
カワカミプリンセスの西浦師が
奥から憮然とした表情で出てきて、
回りの人を押しのけるように消えていった。
つづいて本田騎手は、青ざめた表情で肩を落とし、
勝負服を脱いだ。


「あっ・・・」
絶句するすだち。
脳裏に浮かぶのは平成3年の天皇賞(秋)
あの衝撃ふたたび・・・



ファインモーションに続く
史上2頭目の無敗のエリザベス女王杯制覇という
歴史的瞬間だったはずが、
1番人気馬のGI1位入線後降着という
別の意味での歴史的瞬間となってしまった。





さて・・・・

カワカミプリンセスは位置取りもよく、
最後の直線ですばやく先頭に立ち、
上がり34.5秒でまとめていて、
現役最強牝馬の称号を与えてもよさそうな
レースっぷりであった。
最後の直線で、ムチを入れたときに
内側に斜走し、ヤマニンシュクルの進路を妨害。
1位入線したものの12着に降着となった。


繰上げ優勝となったフサイチパンドラ。
終始、カワカミプリンセスよりも前からの競馬。
最後までよく踏ん張ったが、
カワカミプリンセスには完敗の内容なので、
素直には喜べない勝利となっただろう。


3位入線(繰上げ2着)のスイープトウショウ。
位置取りもゴーサインの出しどころも
馬の反応もすべてパーフェクト。
上がりも最速の34.4秒を出したが、
今回のレースを見た限りにおいては
世代交代のときが来た感。


4位入線(繰上げ3着)のディアデラノビア。
さすが堅実派。これで5走連続3着の偉業(?)達成。
決め手がないわけではないのだろうが、
何かが足りないのか?








さぁ、すだち予想は・・・

馬連
06,08,11,15,16のボックス
(10点)


三連単
06,08,11,15,16のボックス
(60点)



馬連8-15 : 4,180円的中


三連単
15→8→11 : 92,970円的中!


昨日の京王杯2歳Sに続き2日連続
今年16本目の万馬券ゲットとなった。



それにしても・・・
またもやスイープトウショウに万馬券をプレゼントしてもらったわけで。
馬語録BLOG: 私の殿堂馬・・・スイープトウショウ


すだちにとって、
スイープトウショウはネ申...


(^^ゞ
posted by すだち at 23:43| Comment(4) | TrackBack(2) | もうゴメ>2006秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん…(-_-;)

ってまだ言っていたり(^^;
カワカミプリンセスの幻の6連勝は、
確かにある意味歴史的瞬間でしたね。
でもやっぱり残念だ〜

馬券的中、おめでとうございます♪
Posted by よしの at 2006年11月13日 01:35
お久しぶりです!
的中おめでとうございます!!
いつもは土曜日の時点でほとんど使いきり、残金が
無くてメインが買えるか否かということばかり
だったのですが、珍しく残金をしっかり残していたので、
すだちさんの予想を参考に。。。というか、そのまま
馬単で買わせて頂きました!!
結果プラスになってよかったです。。。(泣)
しかし、やっぱり競馬って奥が深い。。。
テレビは見ていなかったのですが、進路妨害の基準、
あるんですよね。。。?
Posted by えあー☆ at 2006年11月13日 08:26


☆彡よしのさん

よしのさんも馬券的中ですよね。
おめでとうございます。
今回のことも、ディープの凱旋門賞も
ルールですからね。
勝負の世界の厳しさというものを
感じる出来事でした。
Posted by すだち@管理人 at 2006年11月13日 20:39


☆彡えあー☆さん

ひょっとしてえあー☆さんも買ってるのかな〜
なんて思ってました。的中ですよね〜
おめでとうございます。
進路妨害の基準というか・・・あるけど、
判定するのは人間ですから。
まぁ、今回の場合は、
どうも接触するくらいの斜行だったので、
致し方ないことかと。
しかし、一番人気の馬ですから、
降着のせいでハズした方も多かったでしょうからね。
一昔前なら暴動が起きるぐらいの出来事ですから^^;
Posted by すだち@管理人 at 2006年11月13日 20:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

エリザベス女王杯[回顧]~カワカミ強い!が降着~
Excerpt: カワカミプリンセスが6連勝、となるところ、進路妨害で降着。 なんとも後味の悪い結末。 予想の方は○◎▲の順で入線、降着で◎▲△で的中、も後味悪い。 勝ちタイム 2:11.6(降着タイム2:11.4)..
Weblog: 穴馬にこだわる競馬ブログ
Tracked: 2006-11-13 01:10

降着の訳=≪回顧≫
Excerpt: ≪福島記念≫ 狙い通り≪社台独占≫で終わったが ◎にしたヴィータローザはオトリだった。 この古馬で「スペシャルウィーク産駒」を持ってきたことも大きいのではないか。 また土曜はこのレース以外..
Weblog: JRAへの戦略【〜未来予想〜】
Tracked: 2006-11-13 10:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。