2009年11月01日

【予想】第140回天皇賞・秋(GI)


天皇賞・秋の思い出は数多い。
いい思い出もあれば辛い思い出もある。
幾度となく思い知らされた「競馬に絶対は無い」

このレースほどそれを痛感したレースはない。
11年ぶりに11月1日に開催される天皇賞・秋。

ただ思うことは最高のレースが見たい。
全馬が無事で。それだけだ。







京都11R
第140回天皇賞・秋(GI)



現役最強馬としての地位を
不動のものにしている女帝・ウオッカ
しかし前哨戦の毎日王冠では2着に敗れ、
ピークは過ぎたのかとも言われる中、
それでも圧倒的1番人気に支持されている。
果たしてどうなるのか?

府中の2000はタフなコースだけに
展開次第で大きく変わる可能性がある。
今日もまた18頭すべての動きを
読み切ることが的中への道となる。



展開予想。



エイシンデピュティが逃げ宣言。
古豪コスモバルクが最内枠なので行きたいところか。
スクリーンヒーローも早め2〜3番手につける。
キャプテントゥーレも・・・
外からはマツリダゴッホも先団には取り付きたい。

最初のポジション争いで前は速くなりそう。
ウオッカにとっては好都合な流れで、
中団やや前方を確保できる。

カンパニー、シンゲンらは
ウオッカをマークする形に。


1000のラップは58〜59秒の淀みない流れ。
なかなかハードなレース展開の中で最大のポイントは、
大ケヤキを過ぎたあたりから。


マツリダゴッホが早めに始動開始して、
キャプテントゥーレも併せて動き出す。
その動きを見ながらウオッカも進出開始。
ウオッカの動きをみて、カンパニーやシンゲンも動く。

直線に入って横一線。
緩まないレース展開から、
一瞬の瞬発力勝負に賭ける馬には分が悪い。

2000のレースとはいえ、
意外とスタミナも要求されるのが府中コース。


本当に強い力を持った馬だからこその・・・
そんなレース展開になるのではないか?






07.ウオッカ

前哨戦を負けたことで不安視する声もあるが、
かつてのシンザンとて、前哨戦ではよく負けていても、
本番ではキッチリと結果を出しているわけで。
少なくとも、牝馬でありながら、
休み明けで別定重量で0.2秒差の2着なら、
悲観する材料にもならない。
あのレースを見た時点でウオッカの◎は確定していた。
展開もウオッカ向きの力勝負に持ち込めそうだ。




15.オウケンブルースリ

瞬発力はないが
力勝負になれば一気に浮上するのがこの馬。
前走・京都大賞典は59キロを背負って
あれだけのパフォーマンスを見せていて、
スタミナ勝負になったときの強さを感じさせた。
先団が想定よりも速いペースになって、
サバイバル戦の様相になれば、
ウオッカをも凌ぐ脚を見せるだけの力はあるのではないか。




この2頭軸で。
あとは・・・



18.エアシェイディ

8歳馬とはいえ、充実期に入っている。
昨年のこのレースでは5着とはいえ、
勝ち馬ウオッカに0.1秒と迫っている。
昨年以上の調子ならさらに上の着順も期待できる。
大外枠をどうさばくか・・・後藤騎手の手腕が見所。



02.スクリーンヒーロー

枠順がいいだけに経済コースで。
休み明けながら見せ場は作れるはず。
こっそりと馬券に絡むことを期待してみる(笑)



17.エイシンデピュティ

叩き2走目で良化必至。
展開的には厳しいレースになりそうだが、
前の争いが想定よりも落ち着いたものになって、
一雨降れば、まさかの大逆転も?



04.アドマイヤフジ

あと一歩・・なにかが欲しい馬。
スミヨン騎手がその何かを引き出してくれそうな予感が。





三連単
1着:07,15
2着:02,04,07,15,17,18
3着:02,04,07,15,17,18
(40点)



posted by すだち at 11:14| Comment(0) | TrackBack(1) | もうゴメ>2009秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

第140回 芥川賞 直木賞
Excerpt: 天皇賞ッ!!【競馬】 本日京都競馬場ニて行わレル『第140回 天皇賞・秋』。(^-^)b 巷の人気デは連覇ヲ狙う最強牝馬『ウォッカ』やら東京コース8戦6勝の東京の鬼『シンゲン』やらガ人気にナッテいる..
Weblog: ちょいガキオヤジのニュース速報
Tracked: 2009-11-01 20:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。