2006年02月04日

もうゴメ・第40回小倉大賞典(GIII)の結果

もうね、皆さんにお知らせしたとおり、
第40回小倉大賞典は〜

三連複28,520円的中

三連単239,720円大的中


2週連続の万馬券ゲット。
同一レースで2種類の万馬券ゲットは初。
そして過去最高配当金額80,600円(2005年安田記念の三連複)を
大幅に超える新記録更新。
すだちにとっては記録づくめのレースとなった。







小倉11R
第40回小倉大賞典(GIII)

1着 04.メジロマイヤー(11番人気)
2着 12.エイシンドーバー(1番人気)
3着 02.メイショウカイドウ(2番人気)


ラップタイム
12.4-11.4-12.2-12.3-12.0-11.7-11.8-11.5-11.9

2 角 4.15.16(8.12.14)10(3.5)(2.6)(1.11)7(9.13)
向正面 4.15(8.16)(12.14)(3.10.6)(5.2)(9.1.11)(7.13)
3 角 4-(15.6)(8.12.16.10.2)(3.14.1)(9.7.5.11)13
4 角 4.15.10(12.6)(16.2.1)(8.3.7)(14.5)(9.13.11)




さて・・・仕事中の昼休みのわずか1時間弱の間に
予想して、馬券買って、ブログ書いて・・・
という状況だったので、
なんでこういう買い方なのかって根拠が書けなかった。
ここで書いておこう。

まずはメイショウカイドウ。
「小倉の鬼」とも言うべき存在。
3ヶ月休養明けで59キロを背負う・・・
これをどう判断するか。
もともとポン使いの利くタイプだし、
馬格もある。
そこから考えると、斤量を苦にして
馬群に沈むとは考えにくい。
勝ち負け出来るだろうと。

ただ、人気になりそうな馬がどれも後ろから動くタイプばかり。
こういうパターンでは、やはりメイショウカイドウを中心にした動きになる。
それでいてメイショウカイドウは59キロ。
しかも休養明けなら、いつもよりかは
若干でも反応が鈍いかもしれない。
そうなると後方各馬の仕掛けも微妙に
遅れてしまって・・・・気が付いたら前残り。

いままで何度となく見てきた高配当のパターンだ。
そこで、メイショウカイドウは中心視しつつも、
前に残りそうな馬をピックアップしないといけない。

では、誰が逃げるか?

このメンバーで前に行きそうなタイプは、
04.メジロマイヤー
08.ビッグゴールド
15.ビッグプラネット
あたりだろう。

先行争いが激化してしまえば、後方馬の思うツボ。
しかし、上記3頭なら、
逃げる可能性が高いのはメジロマイヤー。
斤量56→54だし、逃げてこその馬。

ビッグプラネットは、
行きたがる気性だから、
逃げると暴走する心配がある。
だったら、行きたい馬に行かせて、
その後ろ、2〜3番手から行きたい口だろう。

ビッグゴールドも行けたら行くだろうが、
控えても大丈夫なタイプだけに、
無理には競うまい。

ここまで考えてみると、
ペースは落ちてスロー。
前の馬がかなり楽をする展開となり、
後方勢が何頭かは来ても、
必ず前に残る馬が一頭くらいはいるだろう。



これが、このレースの予想だった。







レースは、この予想通りに
メジロマイヤーがハナを切り、
どの馬も仕掛けることはなかった。
メジロマイヤーにとっては願ったり叶ったりの展開。
ラップタイムを見ても、
前半でウマくペースを落として、
それでいて最後は11秒台で〆る。。。
さすがは貫禄の7歳馬である。
4歳勢にこの芸当は出来まい。

エイシンドーバーも位置取りよく、
34秒台で上がってきてるが、
いかんせん、前が楽をしすぎた。

メイショウカイドウは、
休み明けの59キロでここまで走ったことを
褒めるべきだろう。
さすがは小倉巧者だ。




・・・・・・・





メジロマイヤーは、
いつかやってくれる馬だと目をつけていた。
斤量が56→54
調教で復調気配
人気馬の多くが後方待機
小回りコース

すべての条件が揃ったこのレースこそが
勝ちどころであった。
そういうのもあって、
昨日も書いたが
このレースは楽しみなレースだった。
期待に応えてくれたメジロマイヤーと川田騎手
ありがとう〜〜(TдT)


2006小倉大賞典01

2006小倉大賞典02
posted by すだち at 20:53| Comment(2) | TrackBack(1) | もうゴメ>2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2週連続すごい予想!
近日中にリンクさせていただきます。
「3連単の神様」として。
Posted by 穴馬調査士 at 2006年02月05日 00:47
うわ〜ん、神様だなんて・・恐縮です。
的中率が悪くとも、
一発で大逆転できるのが三連単。
その破壊力には驚きです。。

リンクしていただけるんですか!
ありがとうございますぅ
Posted by すだち@管理人 at 2006年02月05日 15:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

メジロの勝負服、人気薄、高齢の逃げ馬再び【小倉大賞典(G3)回顧】
Excerpt: 小倉競馬場で行われた第40回小倉大賞典(G3)は、11番人気のメジロマイヤー(牡7)が逃げ切り勝ちを収め、川田騎手は嬉しい重賞初制覇、馬は2002年のきさらぎ賞(G3)以来、実に4年ぶりの重賞2勝目を..
Weblog: Trifecta Wizard
Tracked: 2006-02-04 22:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。