2005年12月18日

第48回阪神牝馬ステークス(GII)の結果

デビュー前から追い続けた、、、
いや、母親エアグルーヴの代から
追い続けてきた。


思えば1999年・・・
エアグルーヴの引退式の日の前日に、
エアグルーヴへの思いと、
いずれターフに戻ってくるであろう子供への思い・・
それを書き連ねた→エアグルーヴを語る

そして、アドマイヤグルーヴの登場。
すぐさまアドグル私設応援隊を結成→私設応援隊宣言

2003年、アドマイヤグルーヴがついにエリザベス女王杯を制覇。
アドマイヤグルーヴの2003年を振り返る
2004年にはエリザベス女王杯連覇を果たす。

今日がアドマイヤグルーヴのラストラン。
最後の直線でアドグルが先頭に立ったとき、
いままでのことが走馬灯のように頭の中を駆け巡った。
本当によかった。
最後に勝ってよかった。
やっぱりエアグルーヴの仔・・・うれしかった




さて、、、レース回顧を

1着 05.アドマイヤグルーヴ
2着 03.マイネサマンサ
3着 10.レクレドール
4着 02.ラインクラフト
5着 09.スナークスズラン


ラップタイム
13.4-11.4-11.5-11.5-11.0-11.5-11.7-12.5

最初の1ハロンが13秒台。
予想通り、ハナを狙う馬がいないために
様子をうかがいながらのスタートだった。

結局のところスタートがよかったラインクラフトが
そのままハナを切る形となる。
う〜〜〜ん、スタートこそSペースだが、
このラップだと
ラインクラフトは少し暴走気味だったのだろうか?
どっちにしても
最後の直線は斤量56キロが堪えたのか、
それとも歴戦の疲れが出たのか、
ズルズルと後退。。。


アドマイヤグルーヴとマイネサマンサは
共に中団からの競馬。
先にアドグルのほうがスパート開始。
そのままペースを落とさずに押し切ることができた。

マイネサマンサは仕掛けが遅れた分、
アドグルとは差がついてしまったが・・・
後ろから追い込んできたレクレドールとの壮絶な叩き合い。

一旦はレクレドールが2番手に上がったものの、
再びマイネサマンサが差し返すところは
なかなかの勝負根性を見た。
馬体をぶつけ合いながらの凄まじい2着争い。

アドグルの勝利も感動したが、
この2番手争いも見ごたえ十分。審議にはなったけどね^^;




さて・・・先にお伝えしたとおり、
馬券予想のほうは・・・

三連単
5→3→10  29,150円 的中!!!

これで年間10本万馬券ゲットの目標達成で。
有馬記念の一週前で
達成できて御の字でありまんすヽ(^o^)丿

阪神牝馬S

posted by すだち at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想(中央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。